開発途上国

皆さんは開発途上国と聞いてどんなイメージを持ちますか?

開発途上国とは、経済発展や開発の水準が先進国に比べて低く、経済成長の途上にある国を指します。

一般的には、経済協力開発機構(OECD)の開発援助委員会(DAC)が作成する『援助受取国・地域リスト』(DACリスト)第I部に記載されている国や地域が該当します。

開発途上国は、東南アジア、中東、アフリカ、ラテンアメリカ、オセアニア、東ヨーロッパ、NIS諸国の国々に多いです。近年の急速な経済成長から新興国や中進国と称される国がある一方で、後発開発途上国に指定される国もあり、一言で『開発途上国』と称しても国のあり方は多様です。

1970年代以前は、後進国、未開発国などと呼ばれていましたが、1980年代頃から開発途上国、もしくは発展途上国という呼び方が一般的になりました。

呼び方の変更に伴い、低開発国という呼び方も日本では使用されなくなったのですが、低開発国を意味する英語表現は現在も国際連合ばかりでなく日本の外務省でも英語のままで使用されています。とりわけ、後発開発途上国を区別する文脈の中で用いられます。


開発途上国と一括りにしても大きな差があって一般的に言われる新興国後発開発途上国(貧困国)とでは、現況や抱える問題が違い、両者の格差は拡大傾向にあります。

前者では、先進国の製造業が安価な労働力を求めて進出してきたことにより、国民所得の向上、教育水準の向上が進み、国力を増大させることも多いです。


しかし、後者では、一次産品に強く依存した経済や、戦乱や災害に伴う労働力人口の減少の影響が深刻で、その中でも才知ある人材が他国へ流出していることなど、将来の展望に不安が多いです。

また、開発途上国の中には、人口の急増により、労働力人口に対して十分な雇用を創出できず、失業者や不完全就労者の増加に苦しむ国々も多いため社会問題の一角として称されています。

記事作成者:ヤングそうた

参考文典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%8B%E7%99%BA%E9%80%94%E4%B8%8A%E5%9B%BD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です