ベトナム料理ってどんなもの?

みなさんはベトナムに訪れたことはありますか?

ベトナムには、とても美味しい料理がたくさんあります。今回はそのベトナムの食について紹介します!

その前に、地域ごとの食に関する特徴を見てみましょう。ベトナムは地方によって気候や食習慣が異なるため、食材や味付けが様々です。ここでは北部、中部、南部に分けて見ていきましょう。

【北部】

 全体的にしょうゆ、塩を多く使用する塩辛い味付け

 ハーブ系はあまり使用しない

【中部】

 唐辛子を使った辛めの味付け

 洗練された料理や凝った料理も多く存在する

【南部】

 砂糖やハーブを多く使用する甘い味付け

 ココナッツのジュース、ココナッツミルクを用いることが多い

このように地域によって大きな違いあります!

日本も都道府県によって味付けや食材は違いますよね。例えば、食の基本であるだしは、関東はかつおだし、関西は昆布だしを用いています。

続いてベトナムの食について紹介していきたいと思います!

フォー

フォーとは平たいライスヌードルのことであり、日常的によく食べられています。あっさりとしていてヘルシーなのが特徴です。フォーを扱うファストフード店やインスタント製品などもあります。

生春巻き

茹でた生野菜やエビをバインチャンで包んだものです。トゥオンやヌクチャムにつけて食べると美味しいです。

バインセオ

日本では「ベトナム風お好み焼き」、ヨーロッパでは「ベトナム風クレープ」と呼ばれる。豚肉、もやし、エビなどを米粉で作られた生地で包み、焼き上げます。専門店や屋台でも食べる事が出来ます。

カインチュア

ベトナム南部の甘酸っぱいスープです。食後の〆としてご飯にかけることが多いです。メコン川からとった魚、トマト、パイナップル、もやしで出汁をとって作っています。

どれも美味しそうですよね!ベトナム料理は日本人の口にも合うといわれています。今回は4つの料理を紹介しましたが、ベトナムには、まだまだたくさん美味しい料理があります。ぜひ現地に行って、食べてみてはいかがですか?

記事作成者 

岩槻依里

参考文献

https://ja.m.wikipedia.org/wiki

https://www.knt.co.jp/holiday/sp/vietnam/tokyo.html

#ベトナム #ベトナム料理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です