カンボジアの民族衣装👗

突然ですが、皆さんはカンボジアを訪れたことはありますか?

カンボジアは東南アジアのインドシナ半島南部に位置し、人口は約16,300万人、首都はプノンペンという国です。また、ユネスコの世界遺産であるアンコール遺跡には、アンコールワットがあり、多くの観光客が訪れるスポットとして親しまれています。

ここでは代表的なアンコールワットでは無く、あまり知られていないが実は多くの魅力をもつ「カンボジアの民族衣装」についてご紹介したいと思います。

カンボジアは高度な繊維技術や染色技術があるため、美しい布がたくさんあります。

特に、その布から作られる民族衣装は素晴らしいもので、思わず目を見張るほどです。

さっそく、カンボジアの代表的な民族衣装の中から3つ紹介していきたいと思います。

・アプサラ

カンボジアの伝統舞踊「アプサラダンス」の衣装です。アプサラは「天使」「天女」を意味していて、アプサラの踊りは神に向けて踊るものだったのだとか。その名の通りどこか非現実的なデザインが魅力的です。

・メカラ

「水の精」という意味で、雨乞いの際、踊るときに着ていた衣装だそうです。

カラフルで華やかな衣装です。

・サンポット

アンコール王朝を築いたクメール人の民族衣装です。女性の学生服や先生の服装としてよく見られます。また、サンポットは巻き方でスカートのように着用したり、パンツにしたりバリエーションが豊富です。

この他にも代表的な民族衣装はまだまだたくさんあります。

民族衣装はどこの国にもありますが、どの国もそれぞれの魅力がつまっています。

カンボジアの民族衣装だけでも、日本ではなかなか体験することのできない衣装がたくさんありましたね。

少しはカンボジアの魅力についてお伝えできたでしょうか?

また、このような民族衣装を記念として写真撮影することもできるそうです!

ヘアメイクや衣装などはとても本格的なうえに、なかなかこのような体験はできないので一生の思い出になり、よりカンボジアを楽しめること間違いなし!

今回ご紹介した民族衣装を参考に、皆さんも機会があれば是非カンボジアの衣装体験をしてみてはいかがでしょうか?

記事作成者:近藤凜花、石ヶ森彩香

https://www.travel.co.jp/guide/article/34361/

#カンボジア

#民族衣装

#アプサラ

#メカラ

#サンポット

カンボジアの民族衣装👗” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です